人探し・行方調査いたします。

仙台の人探しならガルエージェンシーへ。
“あの人を探したい!”そのような時はプロの力を信じて下さい。
全国拠点をイントラネットで結び、独自のデータベースを駆使して
北海道から沖縄まで手掛かりを漏らさず確認し調査に対応します。

プチ家出

category 近年の家出・失踪の状況

近年の家出・失踪の状況について
最 近、「プチ家出」という言葉で、家出を安易に考えるケースも目立っています。親御さんも「そのうち帰ってくるだろう」と高をくくっていると思います。しか し暴走族・暴力団などの組織犯罪や 、麻薬・大麻・脱法ドラッグなど危ない道に引っ張られ犯罪・事件に巻込まれる危険も高く家族に大きな痛手を負わせかねません、
その上、携帯電話の急激な普及により、少年・少女が出会い系サイトにより精神的・身体的な障害を受ける事例も増えている為、手遅れになる前に調査・発見をお勧め致します。

近年の家出・失踪の状況について

category 近年の家出・失踪の状況

 平成16年全国の警察が受理した家出人捜索願の件数は95,989人で、性別では、男性が61,276人で全体の63.8%を占め、成人・少年では成人が74,487人で全体の77.6%を占めています。

 年齢別では「19歳以下」が21,502人で22.4%を占め、次いで「20歳代」、「30歳代」そして「60歳以上」となっています。

 原因・動機では、「家庭関係」が18,968人で19.8%を占め、次いで「事業・職業関係」「疾病関係」そして「異性関係」となっています。しかし、お気付きと思いますが「金銭の貸借」というものがありません。

 しかし、どの項目にも大小様々な金銭が絡んでいることは間違いないでしょう。
平成14年度は102,880人、15年度は101,855人と受理件数だけを見れば減少しているように思われますが、当然、届けがされていないケースもあり、平成16年中に捜索願はなされていないが、所在確認ができた家出人3,685人もいます。約100,000人、1日平均280人の方々が家族や友人に相談も出来ずに消息を絶っています。

※あなたの家族・友人・知人は大丈夫ですか?

 消息を絶っているだけでも心配でならないでしょう!
全国の警察で所在が確認された家出人も当然いらっしゃいます、しかし、捜索願を提出しても、事件性がない限り、警察は家出人捜索になかなか着手出来ないのが現状です。では何故、警察で確認が出来たのか・・・・?それは、警察が動かなければならない状況があったからです。

 「犯罪の被害者・被疑者」「自殺」・・・・!
悲しい限りです。誰かが後1週間・24時間もしかしたら1時間でも早く見つけていれば、被害者にも被疑者にもならずにすんだかもしれません。

Last Posts

Categorys

Channel Site

Links

Search

Feeds on RSS

Mobile

Investigation Area